出会いアプリを利用してセフレを募集する女性も増えているようです

信じられないという人も多いかもしれませんが、最近では、出会いアプリを利用してセフレを募集しようと考える人も増えているようです。
女の身分で出会いアプリを利用して、さらにセフレをゲットするためにいろいろとやってしまうのは恥ずかしいこと、と考える人もやっぱり多いとは思うのですが、出会いアプリは非常に匿名性が高いサイトなので、自分がこっそり出会いアプリを利用して出会いを求めているということが、例えば知り合いなどには知られにくいというメリットがあるのです。

最近は出会いアプリを利用してこっそり婚活する時代だというような広告を実際に見たことがありますが、出会いアプリを利用することで実現できるのは、結婚相手をまじめに探すような出会いだけではないのです。
こっそり利用できる出会いアプリだからこそ、誰にも知られることなく、セフレという人間関係をゲットするチャンスさえあるのです。

女性がセフレを募集するときって、具体的にどうやるんでしょうか?
よく、出会いアプリを利用してセフレを募集したいんだったら、出会いアプリ内に設置されている掲示板を利用すればいいという意見を聞きます。
要するに、優良な出会いアプリが運営している掲示板に、自分は今セフレを募集していますというようなメッセージを書き込むんですよ。
そうすると、自分と同じようにセフレとの出会いを求めている人から返信がもらえるという話ですね。
確かに、出会いアプリが管理している掲示板にはいろいろな種類があって、まじめに恋人探しをしている人がメッセージを書き込むために適した掲示板もあれば、セフレを募集している人たちがその旨を書き込む掲示板もある……という話なのですが、実は私自身は、セフレを募集するためという掲示板の存在を、あまり信じていません。

実際のところ、たいていの優良な出会いアプリには、利用者の目的別に管理された掲示板というものが存在して、その中にはセフレの募集を専門とする掲示板もあるようです。
でもそれは「これはセフレを募集するために用意された掲示板です」ということが一般的に言われているだけの話であって、実際に掲示板を利用してみてそういう効果が得られるかどうかというのはまたまったく別の問題です。

私自身も実際にセフレ募集に適しているという掲示板の存在を見たことがあって、その掲示板に書き込んでみたこともあるのですが、あまり効果はなかったように思います。
いくらそこがセフレを募集するための掲示板だといったって、あまりに頻繁にそういうところにメッセージを書き込んでいたら、そういう行為が他の会員に知られてしまったときに自分のイメージが悪くなってしまうと思い、だんだんと掲示板にメッセージを書き込むことさえやめてしまったんです。
まったく効果がないということがわかったら、だんだんと続けることがばかばかしくなるのは当たり前のことです。

話を元に戻しますが、セフレとの出会いを求めている女性たちは、こういう状況かでいったいどうやってセフレとの出会いを実現させているのでしょうか。
私自身の実体験から、セフレ募集のための掲示板にメッセージを書き込んでもあまり効果がないということは分かっています。
そういう掲示板が実際にあるのは事実ですし、出会いアプリを利用している会員たちならみんなが知っているはずなので、書き込んでみて全く効果がないということは無いと思います。

でも、それで本当に素敵なセフレとの出会いを実現できる可能性も、かなり低いのです。
出会いにこだわる女性たちなら特に、少しでも効率よく素敵な出会いを実現させたいと思うはずなのです。
じゃあ一体どうしているのか?
その答えは、私が実際に、出会いアプリを利用してセフレとの出会いを求めているという女性と知り合ったことで分かりました。
実に単純なことだったのですが、出会いアプリを利用してセフレとの出会いを求めているという女性は、そのために何か特別なことをしているというのではなくて、他に恋人同士の関係を求めるときと同じように、ごく普通のスタイルで出会いアプリを利用して、この人は素敵な人だな、セックスしてみたいな、という相手がいたら、恋人になってくださいという話を持ち掛けて、その人をセフレにしてしまうのだそうです。

だいぶ話を省略したので、すごく急なことのように思われるかもしれませんが、要するにセフレとの出会いを求めているからといって、相手をセフレとして扱わないというのが多くの女性のやり方です。
まったくのイコールというわけではないかもしれませんが、セフレとの出会いを求めているという女性たちにとって、自分が素敵だと思える男性に関することであれば、セフレだろうが恋人だろうがまったく同じなのです。
女性たちの頭の中では、セフレも恋人も全く同じ重要度として考えられるのです。

なんとなく漠然としたイメージとして、セフレと恋人という言葉を比べてみた時、恋人という言葉の響きのほうがなんとなく特別な感じがするというか、セフレと恋人という言葉を比べたら、恋人のほうがなんとなくランクが上にあるような気がする、というふうに考える人も多いかもしれませんが、そういうふうに恋人とセフレを差別化して考えるのは、主に男性です。

恋する女性にとっては、自分のパートナーがセフレか恋人か、旦那かそうでないかということはあまりどうでもよくて、もっと重要なのは自分が相手のことを心から好きでいられるかどうかなのです。
自分が心から相手のことを好きでいるのであれば、相手が結婚を前提に考えられるような相手だろうが、あるいはどうしても一人では抱えきれない寂しさを感じた時に、それを紛らわせるためのセフレなのか、ということはあまり関係がないのです。

出会いアプリを利用してセフレを求める女性は、普通に恋人同士の関係を求めるときと同じような感覚で出会いアプリを利用する、ということを書きましたが、女性隊はそもそも、自分が出会いアプリを利用して知り合った男性との関係が最終的にどうなるかどうか、自分ではあまりわかっていない場合が多いのです。
出会いアプリを利用して知り合ったパートナーとの関係がどうなるかわからないのは男性だって同じだという人がいるかもしれませんが、女性の場合はさらに、男性を見る目がシビアなので、いったんは恋人同士としての関係が前提だというつもりで付き合いだした男性に対しても、後になってからやっぱり相手のことが気に入らないからという理由で、あっさり関係を切ってしまったり、冷たい態度で接したりするのです。
基本的に、よく誤解されていることなのですが、異性とのお付き合いに対する考え方は、女性のほうがよっぽどシビアかつドライで、例えば失恋などを経験したときに、本当は一刻も早く忘れてしまわなければならないのに、いつまでも忘れられずに、あきらめられずに相手との思い出を持ち続けるのは、実は男性のほうなのです。

出会いアプリを利用してセフレとの出会いを求めている女性が増えたという言い方自体が、実は語弊のあるものかもしれません。
より正確に言うのであれば、相手のことが本気で好きでいられるのであれば、パートナーとの関係がセフレであろうが本気の恋人であろうがあまり気にしない女性が増えたというふうに言うべきでしょうか。
一昔前までは、本当にセフレという人間関係を毛嫌いする女性が、今よりもずっと多かったのです。
ところが今の時代は、出会いアプリというものがこれだけ有名になって、出会いを求めて真剣にこういったサイトを利用している男女が増えた以上、なんとなく異性とのお付き合いというものについて軽く考えるようになった人が増えたというか、軽く考えるというのは少し語弊があるのかもしれませんが、昔よりも自分のことを過剰に大事にしたがる女性の数が少し減ったように思うのです。
欲求不満を抱えていてどうしても我慢できないときは、マジな恋人じゃなくてもセフレがそばにいてくれるだけで十分にうれしいじゃん? というふうに考える女性が昔よりも増えたということでしょうか。

繰り返しますが、現在では出会いアプリを利用してセフレとの出会いを求めている女性が少し増えたといわれています。
でもそれは決して、始めからセフレとの出会いを狙って出会いアプリを利用し始める女性が増えたということではなく、出会いアプリを利用して知り合った男性のことを本気で好きになって、けれどもその人とはいろいろな事情があってずっと一緒にいるということができないので、やむをえずセフレとしての関係を維持している。
相手の立場がセフレであろうが恋人であろうが、自分が相手のことを心から好きでいることには変わりがない、ということで、セフレとの関係を持つということについて、強い抵抗を感じる人が昔ほどは多くなくなったというのが真実かもしれません。

出会い系サイトでの浮気がばれて、旦那に離婚を言い渡されました

私が悪いことなので、本当にどうしようもないことなのですが、セフレ募集限定のエロサイトでの浮気がばれて、旦那と別れることになってしまいました。
女が浮気するのって珍しいと思う人がいるかもしれませんが、今では珍しくないですよ。
出会い系サイトという便利なものがあるおかげで、仕事を持たない専業主婦でも割と簡単に浮気ができるようになってしまったんです。
そして私も結局は、出会い系サイトというものが持つ誘惑に勝てなかったんですよね。

そもそも、浮気をするのはたいてい男のほうだといわれるのはなぜなのかというと、これはたぶん、人間の本能的な問題に加えて、外で仕事を持っていれば結婚をした後も新しい出会いのチャンスがあるからということだと思うんです。
もちろん、年齢を重ねるごとにだんだんと出会いのチャンスが減っていくというのは誰だって同じことだと思うのですが、それにしたって、仕事を持たない専業主婦よりも結婚後も働くことが多い男性のほうが、新しい出会いのチャンスをゲットすることは簡単にできるだろうと思われます。

もちろん、結婚している世間の奥様からすれば、結婚後も出会いのチャンスがあるからという理由で旦那に浮気されたらいろいろとたまらないと思います。
やっぱり、浮気というものは許すべきではないんですよ……ということを、たぶん私が行っても何の説得力もないと思うのですが、本当に出会い系サイトのせいにするのは嫌なのですが、もしも出会い系サイトというものがなければ、私がこうやって浮気をして旦那以外の男性と付き合い、その結果として旦那から離婚を言い渡されるということもなかったと思います。
それくらい、出会い系サイトを利用するのは誰にとっても簡単で、使い方によっては浮気というものも簡単にできてしまうのです。

出会い系サイトを利用することについて問題視する人はかなり多いですが、それでも結局は出会い系サイトというものはなくなりません。
なくなるはずがないと思うんですよ、ということは、出会い系サイトを利用してそういう出会いを求めている人が、私以外にも大勢いるのだということの証拠だと思います。

そもそも、私もこれは知り合いか誰かから聞いたのですが、浮気をするのは男女ともに同じくらい可能性があったとしても、浮気の理由というのは結構違う場合が多いみたいですね。
この話を聞いた時私は本当になるほどなと思いました。

女性が浮気をするのは、相手の男性に対して何か不満を感じた時なんです。
例えば慎重に相手の男性を見極めて、本当にこの人しかいないと決心して結婚した場合は、自分が本当に納得して選んだ男性であるバイがほとんどなので、相手のことで不満を感じて離婚をしたくなるというケースも割と少ないみたいなんです。

それでも、人生にはいろいろなことが考えられます。
男女の結婚生活だって、決して楽しいことばかりではありません。
むしろつらいことのほうが全体で見れば多いみたいですよ。
長い間男女が一緒にいると、結婚前にはわからなかったお互いの欠点が見えてきます。
最初のうちはお互いに我慢するでしょう、まさか結婚してすぐに「あなたのこういうところがどうしても許せないから離婚したい」というようなことを言うわけにはいかないのです。(もちろん、そういうことをすぐに言ってしまう人が全くいないというわけではないですが、可能性としては低いです)それで最初のうちは我慢して、そのうち相手の欠点に慣れてしまえばまだましなのですが、どうしても相手の欠点が許せないといって悩む時間が長くなると、だんだんと相手に対する不満が募ってきて、最初は好きだったという人でも、だんだんと好きではいられなくなってきます。

女性が結婚した旦那との別れを意識するのはこういう時だそうです。
つまり、日常生活の中で刺激がほしいから、旦那以外の男性とセックスして楽しみたい、そのために出会い系サイトを利用するという人よりは、どちらかというと、浮気と別れを一緒に考える女性って多いみたいなんですよ。
刺激がほしくて浮気をするのではなく、すでに結婚している相手のことが好きではいられなくなったから、新しい相手と付き合いたいという願望があるみたいです。
基本的に、一人の女性が同時に誰かを好きになるのは独りだけなのです。

これが、男性の浮気とは大きく違うところだと思います、男性の場合は、例えば誰か好きな人がいて、その人と結婚したとしても、その人のことが好きなままで、また別の女性を好きになるということが可能なのです。
これは、女性が考える浮気に比べて、やっぱりちょっと達が悪いと思いませんか?
私は正直、たちが悪いと思います。
男性の浮気はこんなふうにタチが悪いからこそ、男性の浮気に対して避難的な考えをする人がやっぱり多いのだろうと思います。

しかしながら、女性なら誰だって、同時に好きになる男性は独りだけだから、新しい出会いを求めたくなるのは、今のパートナーが嫌いになってしまったときである、とは限りません。
男性の中にも女性的な考え方をする人はいますし、同じように、女性だって男性的な考え方をする人はいるのです。
恋愛的な価値観などは、その人が男性的な脳を持っているか、あるいは女性的な脳を持っているかということによって決まるといわれています。
そして、男性だからといって必ずしも男性的な脳を持っているわけでなければ、女性だからといって必ずしも女性的な脳を持っているわけではないのです。
このことが、出会い系サイトを利用する場合や、あるいは浮気をしてしまう場合などにも影響してくるのです。

例えば男性的な脳を持っている女性は、恋多き女性であるといわれます。
つまり、多くの男性と同じように、すでに特定のパートナーがいても、其の相手を嫌いになったわけでなくても、また新しい出会いを求めてしまうのが恋多き女性のパターンです。
脳の仕組みについてはある程度本能的な部分もあるので、どうしようもないといえば確かにどうしようもないのですが、だからといって浮気をすることが許されるというわけではないのですよね。

ちなみに私がどんなふうな浮気をして旦那に愛想を尽かされてしまったのかといえば、もろに男性的な浮気をしてしまったのです。
つまり、旦那のことが嫌いになってしまったわけではないのに、平気で旦那以外の男性とお付き合いをして、旦那を裏切るような真似をしてしまったのです。
私は日常に退屈していて、少し強い刺激がほしかったから、出会い系サイトを利用して知り合った男性と浮気をしました。
だから、旦那に離婚を言い渡されても仕方がないと思っています。

女性側の強い希望で逆援助開始

逆援助をするような女性って、どんな心境で男をお金で釣っているのでしょうか。
確かに僕は今、彼女の援助のおかげで生活も豊になっていますし満足もしています。
でも時々彼女と過ごしている時間に思うことがあるのです。
ただセックスしているだけなのに、こんな大金を僕にくれるのはどうしてなんだろうと。
別に彼女がブスとかではないし、むしろ普通よりは可愛いほうなのです。
なのにわざわざ逆援助をしているのですから、不思議ですよね。
彼女だったらお金を支払わなくても十分彼氏ができるような気がするのですが…
まあ、最初の関係の持ち方で彼女の方から逆援助を申し込んできたので何も言えません。
それにお小遣いをもらうのは、正直とても助かっていますし感謝もしています。
当然のように見返りがあるので、僕は彼女のために毎回頑張って動きまくります。
僕だけの彼女であって、この関係がお金を絡めないものだったらもっと違う気持ちで彼女に接することができるのか、それともお金が絡まなかったら彼女との関係は無いものになってしまうのか。
今は僕自身よくわかりません。
世の中には逆援助をしている人たちが多くいると思いますが、割り切った関係を持つことはたまに寂しく思うものでもあります。
僕の体が気持ちよく感じなくなったら縁が切れるのか、他の男が出来たら縁がきれるのかわかりませんが、逆援助をしていく時間は今の状態を考えると長く続いていくのではないかと思っています。