関わってはいけない逆援メール

一般的に逆援という言葉がどれほど浸透しているかはわかりませんが、出会い系サイトを利用するのであれば、知っておく必要があるかもしれません。

逆援とは、一世を風靡した援助交際の逆のバージョンと考えるとわかりやすいでしょう。要するに、女性がお金を支払って男性と交際をするということです。交際といってもお付き合いをするということではもちろんありません。大人の交際です。要するにエッチをするということです。

そんな誘いのメールが出会い系サイトに登録すると届く事があるわけです。なんとなく出会い系サイトが特別な怪しい空間だと認識している人も多いわけですが、そんな人は、ありえないような逆援のメールがいきなり来ることもあるかもしれないと思うことでしょう。

しかし、そんな事はありません。そもそも出会い系サイトは特別な空間ではありません。利用している男性も女性も普通の人なのです。特別なことのない、ただ出会いを求めているだけの人たちです。怪しいメールをいきなり送りつけるようなことはまずありえないと考えて良いわけです。

そんなメールはサクラか遊び半分のメールです。どちらにしても出会いには繋がらない相手ですから、無視してかかわらないことです。

逆援でイライラしたこと

逆援希望のおっさんから、「逆援しないなら、メッセージを送らないでください」というメッセージを送られてしまいました。出会い系での話ですが、というかもともとそのおっさんにはメッセージなんか送っていないわけです。にもかかわらず、「逆援しないなら、メッセージは送らないでください」なんてメッセージが来るとは!ものすごく不愉快になりました。

ただそのメッセージはおっさんなりの営業活動だったのかもしれません。プロフィールを見ると「ちょいワル」と自分を評していました。そのくせ写真はとんでもなく頭が大きく足が短く、ゴクゴク普通のブサイクさんです。特技に舌技と書いてありました。そのおっさんだって、もしそんな失礼なメールを送りつけてこなければ、悪意も持たなかったはずです。

好感が持てたかは別にして、少なくとも悪意は抱かなかったのです。今では悪意に満ち満ちています。わざわざおっさんとお金を出してまでセックスするほど困ってはいませんから、あまりのぼせたことを言われると、ほんとにイライラします。男も援助してもらえる時代ですが、その価値があるのかどうかは自分で省みたほうがいいでしょう。「舌技」なんかは大した特技でもありません。

私も時々逆援はしますが、逆援希望を書いてある人からのアプローチは絶対に応じないようにしています。それよりも若いのにずっと年上の私にアタックしたきてりすれば、お小遣いが欲しいのかな?とか、デート代がないんだなとか、そういった受け止め方をします。実際にあったときに、食事代やホテル代は出しますし、事が終わったあとで「取っておきなさい」とお小遣いをあげることはあります。これが実質逆援だと思いますが、始めから取り決めることはありません。

ただ初めに渡した金額が、その後のベースになってゆきます。こういう態度を見せておくと連絡先は教えてきますし、次に呼び出したときにもすぐに来ます。また私のようなカモを手放したくないのか、セックスも尽くすセックスをしてきます。いつの間にかギブ・アンド・テイクの関係になっています。もしその子の態度が気に入らなければ、次から会わなければいいだけです。一番波風が立ちませんし、スマートだと思っています。あまりカッチリ決めると専属のようになってしまい、こちらが飽きた時に切りにくいのです。

何度か会っていいると本性が分かってきますので、それでもいい子だと思える子であれば長く呼んであげることになります。