出会い系サイトでの浮気がばれて、旦那に離婚を言い渡されました


私が悪いことなので、本当にどうしようもないことなのですが、セフレ募集限定のエロサイトでの浮気がばれて、旦那と別れることになってしまいました。
女が浮気するのって珍しいと思う人がいるかもしれませんが、今では珍しくないですよ。
出会い系サイトという便利なものがあるおかげで、仕事を持たない専業主婦でも割と簡単に浮気ができるようになってしまったんです。
そして私も結局は、出会い系サイトというものが持つ誘惑に勝てなかったんですよね。

そもそも、浮気をするのはたいてい男のほうだといわれるのはなぜなのかというと、これはたぶん、人間の本能的な問題に加えて、外で仕事を持っていれば結婚をした後も新しい出会いのチャンスがあるからということだと思うんです。
もちろん、年齢を重ねるごとにだんだんと出会いのチャンスが減っていくというのは誰だって同じことだと思うのですが、それにしたって、仕事を持たない専業主婦よりも結婚後も働くことが多い男性のほうが、新しい出会いのチャンスをゲットすることは簡単にできるだろうと思われます。

もちろん、結婚している世間の奥様からすれば、結婚後も出会いのチャンスがあるからという理由で旦那に浮気されたらいろいろとたまらないと思います。
やっぱり、浮気というものは許すべきではないんですよ……ということを、たぶん私が行っても何の説得力もないと思うのですが、本当に出会い系サイトのせいにするのは嫌なのですが、もしも出会い系サイトというものがなければ、私がこうやって浮気をして旦那以外の男性と付き合い、その結果として旦那から離婚を言い渡されるということもなかったと思います。
それくらい、出会い系サイトを利用するのは誰にとっても簡単で、使い方によっては浮気というものも簡単にできてしまうのです。

出会い系サイトを利用することについて問題視する人はかなり多いですが、それでも結局は出会い系サイトというものはなくなりません。
なくなるはずがないと思うんですよ、ということは、出会い系サイトを利用してそういう出会いを求めている人が、私以外にも大勢いるのだということの証拠だと思います。

そもそも、私もこれは知り合いか誰かから聞いたのですが、浮気をするのは男女ともに同じくらい可能性があったとしても、浮気の理由というのは結構違う場合が多いみたいですね。
この話を聞いた時私は本当になるほどなと思いました。

女性が浮気をするのは、相手の男性に対して何か不満を感じた時なんです。
例えば慎重に相手の男性を見極めて、本当にこの人しかいないと決心して結婚した場合は、自分が本当に納得して選んだ男性であるバイがほとんどなので、相手のことで不満を感じて離婚をしたくなるというケースも割と少ないみたいなんです。

それでも、人生にはいろいろなことが考えられます。
男女の結婚生活だって、決して楽しいことばかりではありません。
むしろつらいことのほうが全体で見れば多いみたいですよ。
長い間男女が一緒にいると、結婚前にはわからなかったお互いの欠点が見えてきます。
最初のうちはお互いに我慢するでしょう、まさか結婚してすぐに「あなたのこういうところがどうしても許せないから離婚したい」というようなことを言うわけにはいかないのです。(もちろん、そういうことをすぐに言ってしまう人が全くいないというわけではないですが、可能性としては低いです)それで最初のうちは我慢して、そのうち相手の欠点に慣れてしまえばまだましなのですが、どうしても相手の欠点が許せないといって悩む時間が長くなると、だんだんと相手に対する不満が募ってきて、最初は好きだったという人でも、だんだんと好きではいられなくなってきます。

女性が結婚した旦那との別れを意識するのはこういう時だそうです。
つまり、日常生活の中で刺激がほしいから、旦那以外の男性とセックスして楽しみたい、そのために出会い系サイトを利用するという人よりは、どちらかというと、浮気と別れを一緒に考える女性って多いみたいなんですよ。
刺激がほしくて浮気をするのではなく、すでに結婚している相手のことが好きではいられなくなったから、新しい相手と付き合いたいという願望があるみたいです。
基本的に、一人の女性が同時に誰かを好きになるのは独りだけなのです。

これが、男性の浮気とは大きく違うところだと思います、男性の場合は、例えば誰か好きな人がいて、その人と結婚したとしても、その人のことが好きなままで、また別の女性を好きになるということが可能なのです。
これは、女性が考える浮気に比べて、やっぱりちょっと達が悪いと思いませんか?
私は正直、たちが悪いと思います。
男性の浮気はこんなふうにタチが悪いからこそ、男性の浮気に対して避難的な考えをする人がやっぱり多いのだろうと思います。

しかしながら、女性なら誰だって、同時に好きになる男性は独りだけだから、新しい出会いを求めたくなるのは、今のパートナーが嫌いになってしまったときである、とは限りません。
男性の中にも女性的な考え方をする人はいますし、同じように、女性だって男性的な考え方をする人はいるのです。
恋愛的な価値観などは、その人が男性的な脳を持っているか、あるいは女性的な脳を持っているかということによって決まるといわれています。
そして、男性だからといって必ずしも男性的な脳を持っているわけでなければ、女性だからといって必ずしも女性的な脳を持っているわけではないのです。
このことが、出会い系サイトを利用する場合や、あるいは浮気をしてしまう場合などにも影響してくるのです。

例えば男性的な脳を持っている女性は、恋多き女性であるといわれます。
つまり、多くの男性と同じように、すでに特定のパートナーがいても、其の相手を嫌いになったわけでなくても、また新しい出会いを求めてしまうのが恋多き女性のパターンです。
脳の仕組みについてはある程度本能的な部分もあるので、どうしようもないといえば確かにどうしようもないのですが、だからといって浮気をすることが許されるというわけではないのですよね。

ちなみに私がどんなふうな浮気をして旦那に愛想を尽かされてしまったのかといえば、もろに男性的な浮気をしてしまったのです。
つまり、旦那のことが嫌いになってしまったわけではないのに、平気で旦那以外の男性とお付き合いをして、旦那を裏切るような真似をしてしまったのです。
私は日常に退屈していて、少し強い刺激がほしかったから、出会い系サイトを利用して知り合った男性と浮気をしました。
だから、旦那に離婚を言い渡されても仕方がないと思っています。

Written By jQ5eKipA